解決済 110A60 内分泌代謝

低カリウム血症

この問題では低カリウム血症ですが、pH7.42で正常範囲内です。低カリウム血症性周期性四肢麻痺では代謝性アルカローシスをきたさないような理由でもあるのでしょうか?
引っ掛かるべきではない、無視すべき検査値であれば教えて頂けますと嬉しいです。

回答1件

  • もし細胞内K+が流出し代わりにH+が細胞内に移行していれば、もう少し低Kがマシな気がしました…
    アルカローシスになっていないからこそ、K 1.8と低カリウムが著名なのではないのでしょうか?
    見当違いの回答でしたら申し訳ないです。

コメントを投稿する

ログインするとコメントを投稿することができます。

  • 問題参照 110A60

    40歳の男性。自力で動けなくなったとのことで救急車で搬入された。37歳から「ホルモンか何かの病気」のため自宅近くの医療機関で治療を受けているとのことであるが、通院も内服も不規則だったため病名も含めて詳細は分からないという。以前から時に動けなくなることがあったが、数時間で軽快するためそのままにしていた。本日は起床時に体が動かず起き上がれなくなり、その後もなかなか改善しないため家族が救急車を要請した。身長167cm、体重64kg。脈拍96/分、整。血圧122/70mmHg。呼吸数16/分。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。甲状腺は軽度に腫大している。胸腹部に異常を認めない。四肢に弛緩性で左右対称性の麻痺があり、徒手筋力テストで2程度である。臥位の状態から自力では動けない。感覚障害を認めない。血液生化学所見:Na 140mEq/L、K 1.8mEq/L、Cl 103mEq/L。動脈血ガス分析(room air):pH 7.42、PaCO2 38Torr、PaO2 87Torr、HCO3- 24mEq/L。カリウム含有の補液治療を受け、動けるようになった。
    検索すべき検体検査と予想される異常パターンはどれか。
    • a レニン活性↑、アルドステロン↑
    • b レニン活性↓、アルドステロン↑
    • c レニン活性↓、アルドステロン↓
    • d ACTH↑、コルチゾール↑
    • e ACTH↑、コルチゾール↓
    • f ACTH↓、コルチゾール↑
    • g FT4↑、TSH↓、TRAb陽性
    • h FT4↑、TSH↑、TRAb陰性
  • 関連トピック

    なし