112A27

30歳の女性。下腹部痛を主訴に来院した。3日前、左下腹部の痛みで目覚めた。その後、同じ強さの痛みが持続したため本日(月経周期の17日目)受診した。今朝から痛みは軽減している。悪心と嘔吐はない。4週間前に受けた婦人科健診では子宮と卵巣とに異常を指摘されなかったという。最終月経は17日前から5日間。月経周期は28日型、整。身長160cm、体重52kg。体温36.5℃。脈拍72/分、整。血圧108/68mmHg。呼吸数18/分。腹部は平坦、軟で、筋性防御を認めない。内診で左卵巣に軽い圧痛を認める。子宮と右卵巣には異常を認めない。血液所見:赤血球380万、Hb 10.4g/dL、Ht 31%、白血球5,800、血小板16万。血液生化学所見:総蛋白7.3g/dL、アルブミン4.3g/dL、総ビリルビン0.3mg/dL、AST 18U/L、ALT 16U/L、LD 195U/L(基準176〜353)、尿素窒素18mg/dL、クレアチニン0.6mg/dL。CRP 0.3mg/dL。妊娠反応陰性。左卵巣の経膣超音波像を別に示す。

適切な対応はどれか。

経過観察
抗菌薬投与
抗凝固薬投与
嚢胞穿刺吸引術
左付属器摘出術

解答: a

112A27の解説

30歳女性の下腹部痛。最終月経は17日前であり、ちょうど排卵後のタイミングである。月経周期も整であり、このタイミングで妊娠は考えにくいが、一応妊娠反応も確認してある(陰性)。診断のポイントは画像であろう。隔壁を伴った、囊胞状の構造が指摘できる。出血性黄体嚢胞(卵巣出血)の診断。
a 正しい。37.0×31.7mmとそこまで大きな出血とは考えにくい。経過観察により自然消退する可能性が高い。
b 細菌感染ではないため、無効。
c 出血が助長されるため、禁忌。
d aにも示したように、そこまで出血は多くないため吸引する必要はない。むしろ穿刺はさらなる出血のリスクとなりうる。
e 生命の危機に至るほど(例えば血圧が低下してショック状態、など)の大量出血であれば考慮されるが、本症例ではここまでする必要はない。

正答率:63%

テーマ:卵巣出血(出血性黄体嚢胞)への対応

フォーラムへ投稿

関連トピック