111I66

68歳の男性。発熱、咳嗽および膿性痰を主訴に来院した。5日前から発熱、3日前から咳嗽および膿性痰が出現したため受診した。意識は清明。体温39.2℃。脈拍124/分、整。血圧88/60mmHg。呼吸数24/分。SpO2 93%(room air)。両側の胸部にcoarse cracklesを聴取する。血液所見:白血球18,800(桿状核好中球4%、分葉核好中球84%、単球2%、リンパ球10%)。CRP 19mg/dL。胸部エックス線写真の正面像(A)、側面像(B)及び喀痰のGram染色標本(C)を別に示す。同日、敗血症を疑い血液培養を行った。

現時点の対応として正しいのはどれか。

抗菌薬を投与せず薬剤感受性の結果を待つ。
アムホテリシンBの点滴静注を開始する。
ゲンタマイシンの点滴静注を開始する。
スルバクタム・アンピシリン合剤の点滴静注を開始する。
レボフロキサシンの点滴静注を開始する。

解答: d

111I66の解説

高齢男性の発熱、咳嗽。膿性痰がみられており、細菌感染を考える。A, Bでは広範な浸潤影がみられる。CではGram陽性球菌がみられ、ブドウ房状に集塊を形成していることから肺炎球菌と判定可能。肺炎球菌性肺炎による敗血症と診断される。
a 血液培養の検体を採取し次第、経験的〈empirical〉に抗菌薬投与を開始する。
b アムホテリシンBは抗真菌薬であり、無効。
c ゲンタマイシンはアミノグリコシド系抗菌薬であり、肺炎球菌への有効性は低い。
d 正しい。βラクタマーゼ阻害剤であるスルバクタムを広域ペニシリンであるアンピシリンと合わせて投与する。
e レボフロキサシンはニューキノロン系抗菌薬であり、肺炎球菌への第一選択とはならない。
109A53にも類似の出題あり。

正答率:92.0%

テーマ:肺炎球菌性肺炎への対応

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし