111I65

76歳の男性。58歳時に心不全症状のため心房中隔欠損孔閉鎖術を受けた。現在の心電図を別に示す。

認められる所見はどれか。

a
心房粗動
b
心房細動
c
心房性期外収縮
d
完全房室ブロック
e
完全左脚ブロック

解答: b

111I65の解説

心房中隔欠損症に対して閉鎖術施行後の76歳男性。心電図ではRR間隔不整で、p波は消失しf波を認める。心房細動である。心房中隔欠損症で心不全を起こしたという経緯からは、おそらく加齢の他に心房負荷も心房細動の原因として考えられる。
a 心房粗動であれば鋸歯状波がみられ、RR間隔は比較的等間隔となる。
b 正しい。上記の通り。
c 心房期外収縮であれば基本波形は洞調律で、p波が存在するはずである。
d 完全房室ブロックは徐脈性不整脈である。また、房室解離が認められRR間隔は一定となる。
e 完全左脚ブロックであればQRS波幅の増大など特徴的な波形が出現する。

正答率:80.0%

テーマ:心房細動〈AF〉の診断