111I67

51歳の女性。下腹部の違和感と腹満感とを主訴に来院した。48歳で閉経。閉経まで月経痛が強く、子宮内膜症と診断されたことがある。身長161cm、体重58kg。体温36.5℃。脈拍76/分、整。血圧124/84mmHg。下腹部に恥骨上8cmに達する可動性のない腫瘤を触知し、軽度の圧痛を認める。血液生化学所見:CEA 1.6ng/mL(基準5以下)、CA19-9 34U/mL(基準37以下)、CA125 116U/mL(基準35以下)。CRP 0.7mg/dL。開腹手術を施行した。術前の骨盤部MRIのT2強調水平断像(A)、矢状断像(B)及び手術で摘出した組織の充実部分のH-E染色標本(C)を別に示す。

最終的な診断はどれか。

a
明細胞腺癌
b
傍卵巣嚢腫
c
漿液性嚢胞腺癌
d
成熟嚢胞性奇形腫
e
チョコレート嚢胞

解答: a

111I67の解説

子宮内膜症の背景をもつ、閉経後の女性。腫瘍マーカーはCEAとCA125が高値となっている。画像ではA, Bで嚢胞性病変内に充実性成分がみられ、卵巣腫瘍である。Cでは淡明な細胞とhobnail細胞(核の細胞遊離面近くへの突出)とがみられており、明細胞腺癌の診断となる。
a 正しい。上記の通り。
b・e 傍卵巣嚢腫やチョコレート嚢胞では充実性成分を認めない。
c 粘液性嚢胞腺癌では多房性で隔壁をもつ像がMRIで描出される。また、粘液を豊富に蓄えた細胞が病理でみられる。子宮内膜症との関連もない。
d 成熟嚢胞性奇形腫ではhair ballや脂肪成分を認める。
105D20の類似問題。

正答率:74.0%

テーマ:明細胞腺癌の診断