106I59

50歳の女性。人間ドックのマンモグラフィで異常を指摘されたため来院した。両側の乳房に腫瘤を触知しない。両側の腋窩リンパ節を触知しない。持参したマンモグラフィの病変部を別に示す。
診断として最も考えられるのはどれか。
乳癌
嚢胞
乳腺症
線維腺腫
葉状腫瘍

解答: a

106I59の解説

人間ドックのマンモグラフィで異常を指摘された50歳女性。マンモグラフィでは微細粒状の石灰化病変を認める。乳癌が疑われる。
a 正しい。上述の通り。
b 嚢胞の場合はマンモグラフィで均一な濃度の腫瘤を認めるはず。
c 乳腺症の場合は圧痛を認める。
d・e 線維線種や葉状腫瘍の場合、境界明瞭であり石灰化も認めない。

正答率:83%

テーマ:乳癌

フォーラムへ投稿

関連トピック