106A34

38歳の男性。健康診断で検査値の異常を指摘されて来院した。意識は清明。体温36.8℃。脈拍84/分、整。血圧128/76mmHg。呼吸数14/分。眼球結膜に軽度の黄染を認める。右上腹部に鶏卵大の腫瘤を触知する。血液所見:赤血球468万、Hb 13.9g/dL、Ht 42%、白血球7,500、血小板38万。血液生化学所見:血糖98mg/dL、総蛋白7.5g/dL、アルブミン3.9g/dL、尿素窒素12mg/dL、クレアチニン0.6mg/dL、IgG 1,610mg/dL(基準960~1,960)、総ビリルビン3.4mg/dL、AST 157IU/L、ALT 158IU/L、LD 253IU/L(基準176~353)、ALP 924IU/L(基準115~359)、γ-GTP 307IU/L(基準8~50)、アミラーゼ32IU/L(基準37~160)。免疫学所見:CRP 0.5mg/dL。HBs抗原・抗体陰性、HCV抗体陰性。α-フェトプロテイン〈AFP〉12ng/mL(基準20以下)、CEA 6.7ng/mL(基準5以下)、CA19-9 51.3U/mL(基準37以下)。腹部造影CT(A)と内視鏡的逆行性胆管膵管造影写真〈ERCP〉(B)とを次に示す。
診断として最も考えられるのはどれか。
膵 癌
胆囊癌
肝細胞癌
自己免疫性膵炎
十二指腸乳頭部癌

解答: b

106A34の解説


テーマ:胆嚢癌

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし