106A33

51歳の女性。咳嗽と膿性痰とを主訴に来院した。3年前から咳嗽と喀痰とを自覚していたがそのままにしていた。6か月前から痰の性状が黄色となり、量も増加してきたため受診した。47歳時に鼻茸切除術の既往がある。喫煙歴はない。体温36.3℃。脈拍88/分、整。血圧112/86mmHg。呼吸数16/分。後鼻漏を認める。両側の胸部にcoarse cracklesを聴取する。白血球7,800(桿状核好中球10%、分葉核好中球50%、好酸球1%、単球7%、リンパ球32%)。CRP 0.5mg/dL。肺機能検査所見:%VC 82%、FEV1.0% 58%。動脈血ガス分析(自発呼吸、room air):pH 7.41、PaCO2 36Torr、PaO2 73Torr、HCO3- 22mEq/L。喀痰Gram染色標本で緑膿菌は認めるが、好中球による貪食像を認めない。胸部エックス線写真で両側肺野にびまん性粒状影を認める。胸部単純CTを別に示す。
治療として適切なのはどれか。
カルバペネム系抗菌薬の点滴静注
エリスロマイシンの少量長期内服
副腎皮質ステロイドの内服
抗ウイルス薬の内服
抗結核薬の長期内服

解答: b

106A33の解説

咳嗽と膿性痰とを主訴とする51歳女性。3年前から咳嗽と喀痰とを自覚しており慢性に経過している。47歳時に鼻茸切除術を受けており、後鼻漏を認めることから慢性副鼻腔炎が背景にあると考えられる。%VC 82%、FEV1.0% 58%から閉塞性疾患と考える。胸部エックス線写真と胸部単純CTで両側肺野にびまん性粒状影を認めることからびまん性汎細気管支炎と診断する。
a 緑膿菌は認めるものの好中球の貪食像を認めないため、感染の急性増悪とは考えにくい。
b 正しい。マクロライドの少量長期投与は気道炎症の改善作用があり症状の改善が期待できる。
c ステロイドの効果はない。
d ウイルス感染ではないので無効である。
e 結核ではないので無効である。

正答率:87%

テーマ:びまん性汎細気管支炎〈DPB〉の治療

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし