100A25

3か月の乳児。哺乳力低下を主訴に来院した。意識は清明。身長62cm、体重5.5kg。第4肋間胸骨左縁に3/6度の収縮期雑音を聴取し、II音肺動脈成分は亢進している。血液所見:赤血球385万、Hb 11.3g/dL、Ht 34%、白血球8,900。心臓カテーテル検査所見:肺動脈圧52mmHg、右室圧52mmHg、左室圧75mmHg、Qp/Qs 3.7、肺血管抵抗1.8単位、左室拡張終期容積(正常値比)201%。心電図を次に示す。
診断はどれか。
心房中隔欠損症
心室中隔欠損症
動脈管開存症
Eisenmenger症候群
肺動脈狭窄症

解答: b

100A25の解説

哺乳力低下のある3か月の乳児である。第4肋間胸骨左縁に3/6度の収縮期雑音を聴取していることから心室中隔欠損症を第一に考えたい。II音肺動脈成分は亢進しており肺高血圧を疑わせる。心臓カテーテル検査では肺動脈圧ならびに右室圧は高いが左室圧は低く、左室拡張終期容積201%より左室の拡大があることが分かる。心電図ではV1~V6の起電力が大きいことから両室肥大が示唆され、心室中隔欠損症の診断でよいだろう。なお、Qp/Qs 3.7であり手術適応である。
a 心房中隔欠損症であれば聴診にて相対的な三尖弁狭窄症、肺動脈弁狭窄症の音を聞き、 II 音の固定性分裂を聴取するはずであり、本例とは所見や臨床像が異なる。
b 正しい。上記の通り。
c 動脈管開存症では連続性雑音が聴取され、臨床像も異なる。
d 赤血球385万、Hb 11.3g/dl、Ht 34%とチアノーゼはなく、否定的。なお、心室中隔欠損症によるEisenmenger症候群は1歳以降に生じることが多い。
e 肺動脈狭窄症では胸骨左縁第2肋間に収縮期駆出性雑音を聴取するはずであり、両室拡大の説明もつかない。

テーマ:心室中隔欠損症〈VSD〉

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし