解決済 112A23 免疫

糖尿病に対するステロイド投与について

お世話になっております。
禁忌特講の「腎機能低下にメトトレキサート」の講にて、112A-23の糖尿病にMPAが合併した症例にて、ステロイド投与が解答になっています。
これは、糖尿病のコントロールが良く、腎症にも至っていないため、糖尿病でもステロイドを投与できたと考えるべきなのでしょうか?

ご回答の程、よろしくお願いします。

回答1件

  • ご指摘の通り、糖尿病はコントロールされていると考えられます。血液検査からそう推測されるのと、網膜症が未発症の時点では腎症まで至っているとは考えにくいです。

    よって、最も対処すべき問題点はMPAであることからステロイドが正答になると考えられます。

    私も解いている最中は「糖尿病なのにステロイドは良いのか…」と思いましたが、素直に病歴から対処するのが良いと感じました。

コメントを投稿する

ログインするとコメントを投稿することができます。

  • 問題参照 112A23

    71歳の女性。発熱と下腿浮腫とを主訴に来院した。65歳時から2型糖尿病のため自宅近くの医療機関に通院中である。これまで網膜症は指摘されていない。1か月前から37℃台の微熱があり、両側の下腿浮腫を自覚するようになった。かかりつけ医で血尿と蛋白尿とを指摘され、精査のために紹介されて受診した。体温37 .6℃。脈拍92/分、整。血圧146/88mmHg。呼吸数16/分。SpO2 98% (room air)。心音と呼吸音とに異常を認めない。両側の下腿に浮腫と網状皮斑とを認める。左下腿の温痛覚の低下を認める。尿所見:蛋白3+、潜血3+、沈渣に赤血球50〜100/1視野、白血球10〜20/1視野、赤血球円柱を認める。血液所見:赤血球324万、Hb 10.0g/dL、Ht 31%、白血球10,300(桿状核好中球20%、分葉核好中球52%、好酸球1%、好塩基球1%、単球3%、リンパ球22%)、血小板22万。血液生化学所見:総蛋白6.0g/dL、アルブミン2.3g/dL、尿素窒素40mg/dL、クレアチニン2.5mg/dL、血糖98mg/dL、HbA1c 5.8%(基準4.6〜6.2)、Na 138mEq/L、K 5.0mEq/L、Cl 100mEq/L。免疫血清学所見:CRP 6.5mg/dL、リウマトイド因子〈RF〉陰性、抗核抗体陰性、MPO-ANCA 84U/mL(基準3.5未満)、PR3-ANCA 3.5U/mL未満(基準3.5未満)。胸部エックス線写真で異常を認めない。腎生検のPAS染色標本を別に示す。

    この患者でまず行うべき治療はどれか。

    • a 血液透析
    • b 血漿交換
    • c ビタミンB$_{12}$製剤投与
    • d メトトレキサート投与
    • e 副腎皮質ステロイド投与
  • 関連トピック