受付中 114C42 03.血液

CMLの急性転化を疑う必要はないのでしょうか?

赤血球数も血小板数も下がっておらず、白血球裂孔も出ていないため、急性転化を積極的に疑わないのは分かるのですが、治療方針の決定に必要な検査と言われればNAPスコアを測るべきだと思うのですが、いかがでしょうか?
よろしくお願いします。

回答1件

  • 疑ってもよいですが、CMLの診断すらついていない現状で「最も重要」とは言えないはずです。

コメントを投稿する

ログインするとコメントを投稿することができます。

  • 問題参照 114C42

    48歳の男性。健康診断で白血球増多を指摘され来院した。1か月前から左腹部の膨満感を自覚していた。体温36.3℃。脈拍72/分、整。血圧126/74mmHg。表在リンパ節を触知しない。脾臓を左肋骨弓下に5cm触知する。血液所見:赤血球450万、Hb 13.8g/dL、Ht 45%、白血球46,000(骨髄芽球1%、前骨髄球3%、骨髄球5%、後骨髄球10%、桿状核好中球15%、分葉核好中球54%、好酸球2%、好塩基球5%、リンパ球5%)、血小板37万。血液生化学所見:総蛋白6.9g/dL、アルブミン4.8g/dL、総ビリルビン0.7mg/dL、直接ビリルビン0.1mg/dL、AST 20U/L、ALT 27U/L、LD 350U/L(基準120〜245)、尿素窒素18mg/dL、クレアチニン0.8mg/dL、尿酸6.8mg/dL。腹部CTを別に示す。

    治療方針を決定するために最も重要な検査はどれか。

    • a 骨髄染色体
    • b 骨髄組織H-E染色
    • c 末梢血細胞表面抗原
    • d 骨髄血塗抹May-Giemsa染色
    • e 末梢血好中球アルカリフォスファターゼスコア
  • 関連トピック