受付中 108I63 07.循環器

心不全とⅢ音・Ⅳ音の関係について

いつもお世話になっております。あたらしいシリーズ循環器で108I63の問題解説を見ていたときに、穂積先生からⅢ音・Ⅳ音が聴取されるため心不全であるという話がありました。テキストではMRでⅢ音、ASでⅣ音が聞かれると記載がありましたが、これは弁膜症から心不全になった場合の話だったのでしょうか?細かいところで申し訳ありませんが、ご存知の方いらっしゃればご教授いただければ幸いです。

回答2件

  • 元々III音IV音は心不全を示唆するけど、別に心不全なくてもMR,ASでもみられるよっていう風に覚えると簡単だと思います。詳しくは以下に。一番下のリンクは開くと心音について詳しく書いてあって勉強になります。(そんなに細かく覚えなくてもいいという意見もある)

    https://blog.goo.ne.jp/yasuharutokuda/e/0a3d49c4691a89db19931ec96ed95f99

    III音は通常は心不全を示唆するが、30歳以下では正常でも聴取されることがある(生理的Ⅲ音)。
    その他、心室の拡張期容量負荷(左心系では僧帽弁閉鎖不全症、心室中隔欠損症、動脈管開存症など。右心系では心房中隔欠損症や三尖弁閉鎖不全症など)では、心不全がなくてもⅢ音が聴取されることがある。
    と書いてありました。

    http://heart-clinic.jp/心音の聴診/

    Ⅳ音は、心房音です。正常では聞こえません。Ⅳ音が聞こえる時は、病的Ⅳ音というわけです。肥大型心筋症や高血圧性心疾患で心筋肥厚(左室肥大)があり、左室の伸展性が悪い状態で(拡張障害)左房収縮で代償しようとすると左室拡張末期が急に上昇して聴かれる頻度が高くなります。Ⅲ音は心不全にならないと聞こえませんが、Ⅳ音は、心不全がなくても(前段階)心肥大の段階で見つけるとことができます。

コメントを投稿する

ログインするとコメントを投稿することができます。

  • 問題参照 108I63

    74歳の女性。意識消失を主訴に来院した。8年前に心雑音を指摘されていたが生来健康であり、そのままにしていた。数か月前から労作時に2分程度の前胸部圧迫感を自覚していたという。昨日、自宅にて意識を失って倒れているところを家族に発見されたが、呼びかけにて意識は回復したため本日になって受診した。ADLは自立している。脈拍72/分、整。血圧144/68mmHg。胸骨右縁第2肋間を最強点とする収縮期駆出性〈収縮中期性〉雑音を聴取し、心尖部にIII音とIV音とを聴取する。呼吸音に異常を認めない。下腿に浮腫を認めない。心電図で左室肥大所見を認める。胸部エックス線写真では、心胸郭比53%で、肺うっ血と胸水貯留とを認めない。心エコー検査で左室駆出率は43%。心エコー検査の断層像(A、B)と連続波ドプラ法で記録した左室駆出血流速パターン(C)とを別に示す。冠動脈造影で有意な狭窄病変を認めない。
    対応として適切なのはどれか。
    • a 経過観察
    • b 強心薬投与
    • c 大動脈弁置換術
    • d 大動脈基部置換術
    • e 心臓ペースメーカ植込み
  • 関連トピック