113D21

45歳の男性。膵腫瘍の精査のため来院した。15年前から2型糖尿病で自宅近くの診療所で内服治療を受けている。3か月前から急激に血糖コントロールが悪化したため腹部超音波検査を受けたところ、膵腫瘍が認められ紹介受診となった。eGFR 48mL/分/1.73m2

腹部造影CTを計画する際に検査前後数日間の休薬を検討すべき薬剤はどれか。

DPP-4阻害薬
SGLT2阻害薬
ビグアナイド薬
スルホニル尿素薬
α-グルコシダーゼ阻害薬

解答: c

113D21の解説

腹部造影CTが計画されている中年男性。休薬すべき経口血糖降下薬を選ぶ問題。
a・b・d・e 特に造影剤使用時に考慮する必要はない。
c 正しい。ビグアナイド薬内服中に造影検査を実施すると、乳酸アシドーシスの副作用がみられやすくなることが知られている。
※造影検査は一般にeGFRが45未満の際に配慮が必要となる(以下)。本患者は48であり、特に問題なく実施可能だ。
 45≦eGFR or 透析導入済:特に配慮は不要
 30≦eGFR<45:検査前後に生理食塩水を点滴する
 eGFR<30:造影検査は原則行わない(どうしても必要な場合は腎臓内科コンサルト)

正答率:73%

テーマ:腹部造影CTの前に休薬すべき経口血糖降下薬

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし