113C49

70歳の男性。肺癌の治療で入院中である。肺癌にて右肺下葉切除術、縦隔リンパ節郭清術が施行された。術後1日目に食事を開始し、術後2日目に約1,000mLの白色混濁した胸水が胸腔ドレーンから排出された。胸水中トリグリセリド150mg/dL。

対応として適切なのはどれか。2つ選べ

高脂肪食
胃管挿入
胸管結紮術
完全静脈栄養
胸腔ドレーン追加挿入

解答: c,d

113C49の解説

縦隔リンパ節郭清術後の白色混濁した胸水は、乳び胸を考える。胸水中のトリグリセリドが150mg/dLと上昇していることで診断に至る。
a 乳び胸の治療は脂肪制限食である。高脂肪食では余計に悪化してしまう。
b 胃管を挿入したところで食事しているのと変わらないので意味がない。
c 正しい。手術による胸管の損傷が原因であるため結紮術を施行する。
d 正しい。完全静脈栄養により食事を中止する必要がある。
e すでに胸腔ドレーンは挿入されており、適切に排出されているので追加挿入の必要はない。

正答率:63%

テーマ:乳び胸への対応

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし