112E41

3歳の男児。発熱と下肢痛とを主訴に両親に連れられて来院した。1か月前に左足をひねって疼痛を自覚した。その後右下肢の疼痛も訴えるようになった。2週間前に38℃台の発熱が出現し、両下肢の疼痛も増強した。かかりつけ医を受診して抗菌薬を内服したが、発熱が持続している。身長103cm、体重17kg。体温37.5℃。脈拍128/分、整。血圧106/70mmHg。皮膚に紫斑を認めない。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。咽頭に発赤を認めない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。表在リンパ節は触知しない。下肢に関節腫脹や可動域制限を認めない。血液所見:赤血球402万、Hb 11.1g/dL、Ht 33%、網赤血球1.8%、白血球3,400(桿状核好中球3%、分葉核好中球8%、好酸球1%、単球4%、リンパ球84%)、血小板6.0万。血液生化学所見:総蛋白7.5g/dL、アルブミン4.4g/dL、総ビリルビン0.3mg/dL、直接ビリルビン0.1mg/dL、AST 27U/L、ALT 19U/L、LD 741U/L(基準335〜666)、ALP 456U/L(基準307〜942)、CK 60U/L(基準59〜332)、尿素窒素10mg/dL、クレアチニン0.3mg/dL、尿酸 5.5mg/dL、Na 140mEq/L、K 4.0mEq/L、Cl 101mEq/L、Ca 11.0mg/dL、P 6.0mg/dL。CRP 1.2mg/dL。両下肢エックス線写真で異常を認めない。骨髄血塗抹May-Giemsa染色標本を別に示す。

可能性が高い疾患はどれか。

骨髄炎
骨肉腫
急性白血病
再生不良性貧血
血球貪食症候群

解答: c

112E41の解説

幼児の発熱と下肢痛。発症が急激であり、血小板数が低下しており、画像にて白血病裂孔陽性のリンパ球系芽球の増加をみていることから急性リンパ性白血病〈ALL〉の診断となる。
a・b いずれも整形外科疾患であり、血液のトラブルはみない。
c 正しい。上記の通り。
d 再生不良性貧血では骨髄の低形成をみる。また、汎血球減少となる。
e 血球貪食症候群ではマクロファージによる血球貪食像が画像にてみられる。また、汎血球減少となる。

正答率:82%

テーマ:急性白血病の診断

フォーラムへ投稿

関連トピック