112E35

30歳の初産婦。妊娠33週0日に破水感を主訴に来院した。これまでの妊娠経過に異常はなかった。心拍数80/分、整。血圧110/70mmHg。膣内に貯留した羊水は透明で、児は第1頭位、不規則な子宮収縮を認める。

妊娠継続の可否を決定する上で、有用性が低いのはどれか。

体温
内診
尿検査
腹部触診
血液検査

解答: c

112E35の解説

妊娠33週初産婦の前期破水。前期破水の問題点を整理できているかを問う良問である。①逆行性感染をきたすリスクが高くなること、②不規則な子宮収縮がありこのままだと早産になりかねないこと、の2点を念頭に置こう。
a・d・e 感染により炎症を呈したケースでは体温上昇や腹部触診時の圧痛、血液検査での炎症所見がみられる。
b 切迫早産について内診にて評価したい。
c 誤り。尿路感染ではないため、尿検査は有用性が低い。

正答率:69%

テーマ:破水した妊婦の妊娠継続の可否決定に有用な情報

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし