112A39

56歳の男性。肝臓の腫瘤性病変の精査のため入院中である。C型肝炎の経過観察中に行った腹部超音波検査で肝臓に腫瘤性病変が見つかったため入院した。入院後に腹部造影CTを施行したところ、入院時1.1mg/dLであった血清クレアチニン値が造影検査後2日目に3.0mg/dLに上昇した。入院後に新たな薬剤投与はなく、食事は毎日全量摂取できており、体重は安定していた。体温、脈拍、血圧、呼吸数ともに正常範囲で、排尿回数も5、6回/日で変わらなかった。造影検査後2日目の検査所見:尿所見:蛋白(-)、糖(-)、潜血(-)、沈渣に赤血球1〜4/1視野、白血球1〜4/1視野。血液所見:赤血球302万、Hb 10.4g/dL、Ht 31%、白血球4,600、血小板16万。血液生化学所見:総ビリルビン1.4mg/dL、直接ビリルビン0.8mg/dL、AST 45U/L、ALT 62U/L、LD 360U/L(基準176〜353)、ALP 380U/L(基準115〜359)、γ-GTP 110U/L(基準8〜50)、尿素窒素43mg/dL、クレアチニン3.0mg/L、尿酸8.8mg/dL、Na 136mEq/L、K 5.2mEq/L、Cl 100mEq/L、Ca 8.2mg/dL、P 6.2mg/dL。CRP 0.3mg/dL。腹部超音波検査では両腎に水腎症を認めない。

対応として正しいのはどれか。

緊急血液透析
経時的な腎機能評価
尿道カテーテル留置
腹部造影CTの再施行
動静脈シャント造設術の準備

解答: b

112A39の解説

造影CT実施後にクレアチニンが上昇した症例。造影剤腎症である。現在バイタルに異常を認めていないため、経過観察でよいと判断したい。
a 尿素窒素、クレアチニン、カリウム等の値を見る限り、緊急血液透析の適応ではなさそうだ。
b 正しい。上記の通り。
c 排尿回数は保たれており、尿閉があるわけではない。尿道カテーテルは不要である。
d 造影剤により腎機能が悪化した可能性が高いため、再施行は禁忌。
e 維持血液透析に必要。aで示したように、現時点では透析の適応はない。

正答率:96%

テーマ:造影剤腎症への対応

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし