111I73

26歳の女性。呼吸困難を主訴に来院した。1週間前に咽頭痛、鼻汁および微熱が出現した。その後解熱したが本日の午前2時ごろから呼吸困難が著明となったため午前4時に救急外来を受診した。小児期に気管支喘息と診断されたが中学生時に寛解している。呼吸困難はみられるが会話はかろうじて可能である。SpO2 89%(room air)。両側の胸部全体にwheezesを聴取する。酸素投与を開始し、末梢静脈路を確保した。

直ちに行うべき治療はどれか。2つ選べ。

抗菌薬点滴静注
副腎皮質ステロイド吸入
アミノフィリン点滴静注
短時間作用性β2刺激薬吸入
ロイコトリエン受容体拮抗薬内服

解答: c,d

111I73の解説

深夜に呼吸困難が出現した26歳の女性。小児期に気管支喘息と診断されており、再燃した可能性が高い。気管支喘息発作時の治療薬が問われている。
a 細菌感染に対して用いる。
b 副腎皮質ステロイドの静注であれば有効。吸入は長期管理時に用いる。
c・d 正しい。気管支喘息発作時の治療薬である。
e 気管支喘息の長期管理時に用いる。

正答率:60.0%

テーマ:気管支喘息発作に直ちに行うべき治療

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし