111I74

35歳の初産婦。妊娠33週3日に胎動減少と規則的な下腹部痛とを主訴に来院した。これまでの妊婦健康診査では特に異常を認めなかった。超音波検査で胎児推定体重は1,988g、羊水ポケット1cm、胎盤は子宮前壁に付着し、臍帯は胎盤辺縁に付着している。臍帯頸部巻絡を1回認める。内診所見で子宮口は6cm開大、未破水である。陣痛発来と診断された。このときの胎児心拍数陣痛図を別に示す。

正しいのはどれか。2つ選べ。

羊水過少症である。
胎児頻脈を認める。
胎児発育不全である。
臍帯血流障害が疑われる。
基線細変動は減少している。

解答: a,d

111I74の解説

胎動減少と規則的な下腹部痛を主訴に来院した妊娠33週の初産婦。選択肢を1つ1つ吟味し、正常と異常とを判別するスタンダードな良問。
a 正しい。羊水ポケット(基準2〜8cm)が1cmであり、羊水過少と言える。
b 胎児心拍数陣痛図では基線が140/分程度に位置し、頻脈とはいえない。
c 妊娠33週で胎児推定体重が約2kg。これは十分であり、発育不全とはいえない。
d 正しい。臍帯頸部巻絡を認めており、胎児心拍数陣痛図でも変動一過性徐脈がみられる。これは臍帯血流障害を示唆する所見である。
e 胎児心拍数陣痛図にて基線細変動は存在する。

正答率:81.0%

テーマ:妊娠33週の異常について考えられること

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし