111I62

71歳の女性。体重減少を主訴に来院した。この2か月間で体重が2kg減少している。食欲は正常で全身倦怠感はないという。3週間前から両下肢のむくみを自覚している。身長150cm、体重48kg。体温36.2℃。血圧136/84mmHg。尿所見:蛋白(−)、糖(−)、沈渣に赤血球10〜20/1視野、白血球5〜10/1視野。血液所見:赤血球380万、Hb 11.2g/dL、Ht 38%、白血球6,700、血小板17万。血液生化学所見:総蛋白6.9g/dL、アルブミン3.7g/dL、総ビリルビン1.1mg/dL、AST 31U/L、ALT 38U/L、LD 412U/L(基準176〜353)、尿素窒素28mg/dL、クレアチニン1.0mg/dL、尿酸6.4mg/dL、血糖96mg/dL、Na 137mEq/L、K 4.3mEq/L、Cl 114mEq/L。CRP 0.2mg/dL。胸部CTで異常を認めない。腹部造影CTの水平断像(A)と画像再構成による冠状断像(B)とを別に示す。腹部臓器とリンパ節とに転移を認めない。

この患者に対する適切な治療はどれか。

手術療法
免疫療法
放射線治療
ホルモン療法
抗癌化学療法

解答: a

111I62の解説

高齢女性の体重減少。沈渣に赤血球や白血球がみられているも、画像をみないと診断には至らない。A, Bともに左腎の腫瘍と左腎静脈、下大静脈への直達浸潤を認めている。腎細胞癌を考えよう。
a 正しい。「食欲は正常で全身倦怠感はない」「腹部臓器とリンパ節とに転移を認めない」といった記載より、手術可能と判断する。
b 転移例でサイトカイン療法が考慮される。
c〜e 腎細胞癌にこれらの治療は用いない。

正答率:78.0%

テーマ:腎腫瘍の適切な治療

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし