111E63

次の文を読み、63〜65の問いに答えよ。

46歳の男性。心窩部から左前胸部にかけての痛みを主訴に来院した。

現病歴:本日、午前9時、職場の会議中に心窩部から左前胸部にかけての締め付けられるような痛みが出現した。同時に咽頭部と左肩にも痛みを感じたという。そのまま安静にしていたところ、15分程度で改善したため様子をみていたが、午前9時30分、会議終了時に再び発作が生じた。これも15分程度で治まったが、症状が繰り返すため心配になって、仕事を早退して午前10時30分に来院した。

既往歴:10年前から高血圧症と脂質異常症で内服治療中。

生活歴:妻と2人暮らし。喫煙は40歳まで10本/日を20年間。飲酒は機会飲酒。

家族歴:特記すべきことはない。

現 症:意識は清明。身長162cm、体重60kg。脈拍60/分、整。血圧140/80mmHgで左右差を認めない。呼吸数16/分。SpO2 99%(room air)。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。

検査所見:尿所見:蛋白(−)、糖(−)。血液所見:赤血球450万、Hb 13.3g/dL、Ht 40%、白血球6,200(桿状核好中球2%、分葉核好中球58%、好酸球3%、好塩基球1%、単球8%、リンパ球28%)、血小板18万、Dダイマー0.6μg/mL(基準1.0以下)。血液生化学所見:AST 32U/L、ALT 45U/L、LD 260U/L(基準176〜353)、CK 98U/L(基準30〜140)、尿素窒素11mg/dL、クレアチニン0.9mg/dL。心筋トロポニンT陰性。胸部エックス線写真(A)と心電図(B)とを別に示す。心エコーで前壁から心尖部にかけて軽度の収縮性低下を認める。

心電図所見で認められるのはどれか。

a
高電位
b
ST上昇
c
右軸偏位
d
異常Q波
e
陰性T波

解答: e

111E63の解説

心窩部から左前胸部にかけての痛みを主訴に来院した46歳男性。高血圧症と脂質異常症、喫煙歴といった冠危険因子を有し、心電図変化を認めることから急性冠症候群〈ACS〉を考える。発症から90分での来院であり症状も間欠的であるため心筋逸脱酵素の上昇がなくてもACSを否定してはならない。
a 高電位とはV5のR波の高さとV1のS波の高さの和が35mm以上であるものを指す。本症例の心電図では合致しない。
b ST上昇は認めない。
c 右軸偏位は第一誘導でQRS波が下向きとなる。
d 異常Q波とは幅広く(0.04秒以上)、深い(R波の1/4以上)Q波のことを言う。
e 正しい。T 波の陰転化は重篤な虚血から解放された時後に認めることが多い。これを、特にWellens症候群という。不安定狭心症の中で、胸痛を一度自覚した後の症状が消失した時間帯に前胸部誘導でT波に心電図変化を示す症候群である。

正答率:93.0%

テーマ:急性冠症候群〈ACS〉の心電図所見