110I49

41歳の男性。職場の定期健康診断で白血球増多を指摘されたため来院した。1年前の健診でも軽度の白血球増多を指摘されていた。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。頸部リンパ節と鎖骨上リンパ節とに腫大を認めない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦で脾を左季肋下に10cm触知する。下腿に浮腫を認めない。血液所見:赤血球466万、Hb 14.7g/dL、Ht 44%、網赤血球1.4%、白血球51,600(骨髄芽球1.5%、骨髄球6%、後骨髄球9.5%、桿状核好中球19.5%、分葉核好中球45.5%、好酸球3%、好塩基球7.5%、単球2%、リンパ球6%)、血小板37万。血液生化学所見:総蛋白6.7g/dL、AST 18U/L、ALT 15U/L、LD 601U/L(基準176〜353)。CRP 0.2mg/dL。骨髄血塗抹May‐Giemsa染色標本(A)と骨髄血染色体分析(B)とを別に示す。
この患者で考えられる所見はどれか。
尿酸低値
高Ca血症
ビタミンB12低値
エリスロポエチン低値
好中球アルカリフォスファターゼスコア低値

解答: e

110I49の解説

ご丁寧にBにてt(9;22)が提示されており、慢性骨髄性白血病〈CML〉を思い浮かべることはすぐにできたであろう(むろん一部の急性リンパ性白血病〈ALL〉でもフィラデルフィア染色体は陽性となるが、血小板数が基準値であること、Aより白血病裂孔がないこと、を確認すればALLはすぐに除外できる)。
a・c 細胞が崩壊することにより、尿酸とビタミンB12は高値となる。
b CMLにて血中Caはあまり変動しない。強いて言えば、細胞崩壊により血中Pが上昇するため、代償的にCaは低下気味になる。
d 本患者では赤血球466万、Hb 14.7g/dLと基準値内であるため、エリスロポエチン値は変動しない。
e 正しい。CMLのほか、発作性夜間ヘモグロビン尿症〈PNH〉といった一部疾患で好中球アルカリホスファターゼスコア〈NAPスコア〉が低値となることは確実に覚えておくべきである。

正答率:87%

テーマ:慢性骨髄性白血病〈CML〉の検査所見

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし