110A33

69歳の女性。リンパ節腫大の精査のため来院した。腹痛のため自宅近くの診療所を受診し、腹腔内のリンパ節腫大を指摘され紹介されて受診した。表在リンパ節は触知しない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。血液所見:赤血球430 万、Hb 13.3g/dL、Ht 40%、白血球5,200(好中球65%、好酸球2%、好酸球6%、リンパ球27%)、血小板21万。血液生化学所見:総蛋白6.6g/dL、アルブミン3.5g/dL、IgG 725mg/dL(基準960〜1,960)、IgA 145mg/dL(基準110〜410)、IgM 121mg/dL(基準65〜350)、総ビリルビン0.5mg/dL、AST 20U/L、ALT 25U/L、LD 471U/L(基準176〜353)、ALP 133U/L(基準115〜359)、尿素窒素18mg/dL、クレアチニン0.6mg/dL、尿酸8.0mg/dL、血糖105mg/dL。免疫血清学所見:CRP 0.1mg/dL、可溶性IL-2受容体1,312U/mL(基準122〜496)、HBs抗原陰性、HBs抗体陰性、HBc抗体陰性、HCV抗体陰性、HTLV-I抗体陰性。全身造影CTでは、縦隔のリンパ節、傍大動脈リンパ節および腸間膜リンパ節の腫大を認めた。病期診断のために行った腸間膜リンパ節の生検組織のH-E染色標本を別に示す。生検組織からは染色体異常を認める。骨髄生検ではリンパ系腫瘍細胞の浸潤がみられる。
染色体異常はどれか。
t(8;14)
t(8;21)
t(9;22)
t(14;18)
t(15;17)

解答: d

110A33の解説

リンパ節腫大、可溶性IL-2受容体高値といった情報より悪性リンパ腫の診断は容易である。病理像にて濾胞構造が同定されることから(See 109I38108D12)、濾胞性リンパ腫の診断。
a Burkittリンパ腫。
b 急性骨髄性白血病〈AML〉のM2。
c 慢性骨髄性白血病〈CML〉と一部の急性リンパ性白血病〈ALL〉。
d 正しい。濾胞性リンパ腫。
e 急性前骨髄球性白血病〈APL〉(AMLのM3)。

正答率:81%

テーマ:濾胞性リンパ腫の染色体異常

フォーラムへ投稿

関連トピック