110A25

47歳の女性。右趾の難治性潰瘍と高血糖のため紹介されて来院した。10年前から糖尿病の診断を受けていたが、1年ほど通院していなかった。2か月前に右趾に湯たんぽで熱傷を負い、自宅近くの診療所で処置を受けていた。難治性のため血糖を測定したところ、550mg/dLと高く、紹介されて受診した。身長155cm、体重62kg。血圧156/94mmHg。顔面と下腿とに高度の浮腫を認める。腹部に血管雑音を聴取しない。尿所見:蛋白3+、潜血(―)、沈渣に上皮円柱1個/数視野、脂肪円柱5〜9個/各視野、尿蛋白3.8g/日。血液所見:赤血球380万、Hb 11.8g/dL、Ht 37%、白血球5,900、血小板36万。血液生化学所見:総蛋白5.8g/dL、アルブミン2.6g/dL、IgG 1,166mg/dL(基準960〜1,960)、IgA 160mg/dL(基準110〜410)、IgM 69mg/dL(基準65〜350)、尿素窒素8mg/dL、クレアチニン0.7mg/dL、HbA1c 13.5%(基準4.6〜6.2)、総コレステロール380mg/dL。免疫血清学所見:ASO 200単位(基準250以下)。抗核抗体陰性、CH50 38.4U/mL(基準30〜40)。
この患者の治療に有効でないのはどれか。
インスリン
カルシウム拮抗薬
副腎皮質ステロイド
HMG-CoA還元酵素阻害薬
アンジオテンシンII受容体拮抗薬

解答: c

110A25の解説

糖尿病の進行に伴い足趾潰瘍とネフローゼ症候群が出現している。湯たんぽでの熱傷エピソードからは神経障害も強いことが想定される。HbA1c値(13.5%)をみるにコントロール不良である。
a 血糖コントロールにインスリンは有用。
b 血圧コントロールにカルシウム拮抗薬は有用。
c 誤り。副腎皮質ステロイドには血糖上昇作用があるため、有効ではない。
d 高コレステロール血症にHMG-CoA還元酵素阻害薬は有用。
e 腎症にアンジオテンシンII受容体拮抗薬は有用。

正答率:92.0%

テーマ:糖尿病性腎症の治療薬

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし