110A24

日齢0の新生児。常位胎盤早期剥離のため緊急帝王切開で出生した。在胎40週、出生体重3,285gであった。出生直後は啼泣がなく、刺激によって30秒後から不規則な呼吸が出現したが、微弱であったため1分過ぎからマスク持続気道陽圧呼吸を開始した。脈拍は出生直後70〜80/分であったが、1分後には100/分以上となった。出生時から筋緊張は正常より低下し全身は蒼白であったが、1分半後から刺激に対して反応が見られるようになった。
この児の1分後のApgarスコアはどれか。
1 点
3 点
5 点
7 点
9 点

解答: b

110A24の解説

Appearance:全身は蒼白であり、0点。
Pulse:脈拍は100/分以上であり、2点。
Glimace:刺激反応がみられているのは1分半後であり、1分値としては2点は与えられない。
Activity:筋緊張は正常より低下しており、2点は与えられない。
Respiration:呼吸は不規則であり、1点。
a〜e 上記のGとAを各1点ととらえた場合、5点となりcを選択することとなる。これらを各0点ととらえた場合、3点となりbが正解となる。公表された正答はbであったため、出題者の意図としては各0点ととらえよ、とのことなのであろうが、記載のない事項について判断するのは無理であり、何ともいえない。

※卒業試験や模擬試験ではこうした問題に受験生側が「不適切だ!」と申し立てれば不適切問題として採点除外等の措置がとられるかもしれない。が、国家試験の本番ではこうした問題でも除外とはならない。あくまで厚労省の判断に従わざるをえないのである。この問題でcを選んだがために不合格となってしまった受験生もいるはずだ。本問を通じてその現実の厳しさを再認識してほしい。

正答率:37.0%

テーマ:Apgarスコアの算出

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし