110A26

33歳の女性。2日前に市販のキットで尿妊娠反応が陽性であったため来院した。最終月経は7週前、月経周期は30〜45日である。3年前に糖尿病と診断され、半年前からは自宅近くの診療所でインスリン治療を受けている。内診で子宮は鵞卵大で付属器は触れない。尿所見:蛋白(―)、糖(―)、ケトン体(―)。血液生化学所見:血糖90mg/dL、HbA1c 5.8%(基準4.6〜6.2)。経膣超音波検査で子宮内に長径25mmの胎嚢と心拍動を有する胎芽とを認める。妊娠していることを患者に伝えると、糖尿病による胎児奇形が心配だという。
患者への説明として適切なのはどれか。
「人工妊娠中絶を勧めます」
「胎児奇形は羊水検査で診断できます」
「治療をインスリンから経口糖尿病薬に変更しましょう」
「胎児奇形のリスクが一般の方より高い状況ではありません」
「今から葉酸を十分に摂取すれば胎児奇形の頻度が減少します」

解答: d

110A26の解説

糖尿病合併妊娠。血糖値とHbA1cの値は基準値内にあり、現時点では胎児奇形を心配する必要はない。治療薬もインスリンを使用しているとのことで、問題はなさそうだ(経口血糖降下薬を使っているのであれば中止せねばならない)。
a 安易な人工妊娠中絶の推奨は禁忌である。
b 胎児奇形は一般に超音波検査で診断する。
c 経口糖尿病に変更する必要はない。
d 正しい。上記の通り。
e 糖尿病による奇形発生と葉酸欠乏による奇形発生は概念が異なる。

正答率:72.0%

テーマ:糖尿病による胎児奇形を心配する妊婦への説明

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし