109I75

31歳の男性。右陰嚢腫大を主訴に来院した。1年前から右陰嚢腫大に気付いていたが、疼痛を自覚しないため様子をみていた。1か月前から陰嚢腫大が増悪してきたため受診した。身長172cm、体重60kg。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。外陰部では右精巣が小児頭大に腫大しているが圧痛を認めない。血液生化学所見:LD 658IU/L(基準176〜353)、hCG 12mIU/mL、α-フェトプロテイン〈AFP〉64ng/mL(基準20以下)。胸部CTと頭部MRIとに異常を認めない。腹部造影CTを別に示す。
この患者について正しいのはどれか。2つ選べ
右陰嚢に透光性を認める。
所属リンパ節転移を認める。
5年生存率は50%と予想される。
精巣の針生検で組織診断を決定する。
予測される組織型は非セミノーマである。

解答: b,e

109I75の解説

右精巣が小児頭大に腫大しているという。AFPの上昇があり、非セミノーマが考えやすい。CT画像にて傍大動脈リンパ節転移が疑われる。精巣腫瘍の好発年齢は小児、30歳前後、60歳以上、の3峰性であるが、このうち30歳前後が最も多い。
a 透光性があるのは、陰嚢水腫。
b 正しい。上記の通り。
c リンパ節転移があっても予後は悪くなく、5年生存率は80%以上と見込まれる。
d 精巣腫瘍の生検は禁忌である。
e 正しい。上記の通り。

テーマ:精巣腫瘍(非セミノーマ)

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし