109I15

胆管癌のリスクファクターでないのはどれか。
a
肝内結石症
b
先天性胆道拡張症
c
膵・胆管合流異常症
d
原発性硬化性胆管炎
e
原発性胆汁性肝硬変

解答: e

109I15の解説

胆汁うっ滞をきたすような病態が胆管癌のリスクとなる。
a 肝内胆汁うっ滞により、肝内胆管癌のリスクとなる。
b 拡張した胆管部分に胆汁うっ滞をみる。
c 膵・胆管合流異常症でも胆汁うっ滞をみる。また、bの原因となることからもリスクと分かる。
d 原発性硬化性胆管炎〈PSC〉では肝内・肝外双方の胆管の数珠状拡張をみる。この部分で胆汁うっ滞が出現する。
e 誤り。原発性胆汁性肝硬変〈PBC〉は文字通り肝硬変へと至るため、肝細胞癌にはなりうるも、胆管癌のリスクとはならない。

テーマ:胆管癌のリスク