109I14

肝右葉切除の適応が制限される検査値はどれか。
血小板12万
アルブミン3.6g/dL
総ビリルビン1.2mg/dL
ICG試験(15分値)38%(基準10以下)
プロトロンビン時間75%(基準80〜120)

解答: d

109I14の解説

従来から出題のある、肝予備能や肝障害度についての理解を問われている。
 ・腹水 →コントロール不良
 ・アルブミン →<3g/dL
 ・総ビリルビン →>3mg/dL
 ・ICG 15分値 →>40%
 ・プロトロンビン時間 →<50%
上記の場合、肝障害度はCとなり、手術が困難となる。本問ではdが最もriskyであり、制限される。
厳密な話をすると、ICG 15分値は30%を超えると部分切除のみの適応となる。本問で言う「右葉切除」とは半分を切ってしまうことになるわけで、38%であっても適応外となるわけだ。ただ、そこまで厳密に覚える必要はないと思われ、上記の40%を理解しておけば十分である。

テーマ:肝予備能・肝右葉切除の適応制限

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし