109C19

75歳の女性。左眼の霧視を主訴に来院した。昨日から左眼のかすみを自覚し、次第に見えにくくなってきた。今朝からは左眼の痛み、頭痛および悪心も生じたため受診した。矯正視力は右1.5、左0.4。左眼の前眼部写真を別に示す。
治療として適切なのはどれか。
アトロピンの点眼
副腎皮質ステロイドの点滴
レーザー虹彩切開術
汎網膜光凝固
硝子体手術

解答: c

109C19の解説

高齢女性の霧視と視力低下。頭痛・悪心という眼以外の症状も出現している。前眼部の写真では前房が浅く、散瞳している。また、毛様充血と角膜浮腫がみられる。急性緑内障の診断。
a アトロピンは散瞳薬であり、眼圧をさらに高めてしまう。禁忌。
b 緑内障には無効。ぶどう膜炎に有効。
c 正しい。レーザー虹彩切開術で眼圧低下を狙う。
d 糖尿病性網膜症など新生血管が生じる疾患に有効。
e 網膜剥離や網膜円孔に有効。

正答率:78%

テーマ:原発閉塞隅角緑内障の治療

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし