108I54

9か月の乳児。発熱を主訴に母親に連れられて来院した。生来健康で今回初めての発熱である。診察を待っているときに全身性左右対称の強直性間代性けいれんを認めた。3分後にけいれんは消失し意識も回復した。血液所見に異常は認めなかった。
母親への説明で適切なのはどれか。
「遺伝性はありません」
「すぐに脳波の検査をしましょう」
「約半数に知能への影響がみられます」
「将来、てんかんへ移行する可能性が高いです」
「このけいれん発作は3人に1人の割合で再発する可能性があります」

解答: e

108I54の解説

熱性けいれん。9か月という時期での発生、初回であること、左右対称の強直性間代性けいれんであること、3分で消失したこと、血液検査に異常がないこと、どれをとっても単純型熱性けいれんを示唆しており、心配ないといえる。
a 家族歴のあることが多い。
b~d 上記のように、心配のいらない病態である。知能低下やてんかん移行はないため、経過観察でよい。
e 正しい。約3割に再発がみられる。あまりに再発を繰り返す場合には複雑型の熱性けいれんの可能性も否めないが、そうなる可能性はかなり低い。

テーマ:熱性けいれん

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし