108B40

ある地域における成人男性の肺癌罹患数は1年間に600名である。この地域の成人男性の喫煙率は50%で、喫煙による肺癌罹患の相対危険度は5倍である。
この地域の成人男性において喫煙により増加したと考えられる肺癌の罹患数はどれか。
200
250
300
400
480

解答: d

108B40の解説

比率計算なので、ある程度大雑把に数値を置いても一般性を失わない。

この地域の成人男性人口を2,000名としよう。
そして、喫煙しなくても、この地域に住んでいると、10%の確率で1年間に肺癌にかかってしまう、と仮定する。

成人男性人口を2,000名のうち、50%が喫煙しないため、1,000名の10%、つまり100名(…a)が肺癌に罹患するという計算となる。タバコを吸っていなくてもどのみち10%は肺癌になるのだ。
他方、喫煙する1,000名は、5倍である50%が罹患するため、500名(…b)と試算できる。
これで、a+b=600名、と設問に即した人数設定ができた。

さて、本問で聞かれているのは「喫煙により増加したと考えられる肺癌の罹患数」である。bのうち、100名(つまりaの数値)は本来タバコを吸っていなくてもどのみち肺癌に罹患したはずであり、残りの400名がタバコを吸ったからこそ肺癌になってしまった数、と考えられる。

ゆえに、dの400が正しい。

正答率:80%

テーマ:肺癌の罹患数

フォーラムへ投稿

関連トピック