105E51

47歳の女性。下痢と体重減少とを主訴に来院した。Crohn病に対して6年前までに計3回の小腸部分切除術が施行され、約90cmの空腸と20cmの終末回腸が残存していた。カテーテルによる発熱を繰り返し、右鎖骨下静脈の血栓性狭窄も起こしたため、4年前から中心静脈栄養は行っていなかった。経腸栄養にて排便回数が5~6回/日程度に落ち着いてきたため、約2年前に本人の希望で経口食に変更した。薬物はメサラジンのみを内服していた。2週前から下痢が10回/日以上となり、体重も2週間で約3kg減少したため来院した。意識は清明。身長156cm、体重34kg。体温37.2℃。脈拍72/分、整。血圧90/52mmHg。腹部に圧痛を認めない。腸雑音は亢進している。血液所見:赤血球323万、Hb 11.4g/dL、Ht 34%、白血球5,200、血小板17万。血液生化学所見:アルブミン3.2g/dL、尿素窒素20mg/dL、クレアチニン0.8mg/dL、AST 26IU/L、ALT 38IU/L、ALP 863IU/L(基準115~359)、Na 138mEq/L、K 3.2mEq/L、Cl 108mEq/L、Ca 8.0mg/dL。CRP 0.6mg/dL。腹部造影CTで残存小腸の軽度拡張と回盲部近傍の小腸壁肥厚とを認める。本人は外来での治療を希望している。
まず行う栄養管理として適切なのはどれか。
a
普通食の経口摂取
b
乳製品を含む流動食の経口摂取
c
成分栄養剤による経腸栄養
d
末梢静脈栄養
e
中心静脈栄養

解答: c

105E51の解説


テーマ:Crohn病