105D44

67歳の女性。3か月前からの腹部膨満感を主訴に来院した。脈拍76/分、整。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部はやや膨隆し、右肋骨弓下に肝を3cm、左肋骨弓下に脾を5cm触知する。血液所見:赤血球360万、Hb 10.5g/dL、Ht 32%、白血球18,700(骨髄芽球1%、好中球58%、好酸球5%、好塩基球1%、単球5%、リンパ球30%、赤芽球4個/100白血球)、血小板65万。末梢血塗抹標本で巨大血小板を認め、骨髄穿刺はdry tapであった。骨髄の生検組織のH-E染色標本(A)と鍍銀染色標本(B)とを次に示す。
適切な対応はどれか。
自家骨髄移植
抗癌化学療法
無治療で経過観察
エリスロポエチン投与
副腎皮質ステロイド投与

解答: c

105D44の解説


テーマ:骨髄線維症

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし