104E67

次の文を読み、67~69の問いに答えよ。
58歳の男性。体重増加と下肢の浮腫とを主訴に来院した。
現病歴:3年前から降圧薬の投与を受けていた。3か月前から尿の泡立ちに気付き、1か月前から下肢の浮腫と3kgの体重増加とを認めている。
既往歴:特記すべきことはない。
生活歴:喫煙歴はない。飲酒は機会飲酒。
家族歴:父に高血圧がある。
現 症:意識は清明。身長167cm、体重72kg。体温36.4℃。脈拍68/分、整。血圧146/90 mmHg。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾・腎を触知しない。前脛骨部に圧痕を伴う浮腫を認める。
検査所見:尿所見:蛋白4+、糖(-)、尿潜血1+、24時間尿蛋白4.2 g/日。尿赤血球5~10/HPF、尿沈渣(超生体染色)の写真(A)を別に示す。血液所見:赤血球420万、Hb 12.4 g/dL、Ht 38%。血液生化学所見:血糖98 mg/dL、HbA1c 5.2%、総蛋白5.0 g/dL、アルブミン2.4 g/dL、尿素窒素18 mg/dL、クレアチニン1.0 mg/dL、尿酸6.2 mg/dL、総コレステロール325 mg/dL、Na 142 mEq/L、K 3.6 mEq/L、Cl 108 mEq/L、Ca 8.4 mg/dL、P 2.7 mg/dL。腎生検のH-E染色標本(B)、蛍光抗体基底膜(緑)とIgG(赤)染色標本(C)及び電子顕微鏡写真(D)を別に示す。
尿沈渣にみられるのはどれか。2つ選べ
脂肪円柱
硝子円柱
赤血球円柱
卵円形脂肪体
尿細管上皮細胞

解答: a,d

104E67の解説

中年男性の急激な体重増加と下肢の浮腫である。尿蛋白4+、アルブミン2.4 g/dlであることからネフローゼ症候群の診断基準を満たしている。また、尿の泡立ちは尿蛋白の存在を示唆する。尿沈渣Aでは卵円形細胞体と脂肪円柱を認め、腎生検Bでは糸球体基底膜の肥厚を認める。Cでは基底膜にIgG沈着を認め、Dでは基底膜内部に高電子密度沈着物を認めることから膜性腎症と診断できる。
a・d 正しい。上記の通り。
b 硝子円柱は健常人にもみられる。
c 赤血球円柱は糸球体腎炎などで出現する。
e 尿細管上皮細胞が存在するならば細胞質と核が観察されるはずである。

正答率:61%

テーマ:膜性腎症

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし