104B41

20歳の女性。言動の異常を心配した両親に伴われて来院した。家族によれば、「家の前の道路を通る人から悪口を言われている」、「盗聴されている」と言って騒ぎ、自宅に閉じこもり、昼夜は逆転し興奮をきたすという。
診断に有用な検査はどれか。
状態特性不安検査〈STAI〉
田中・Binet式知能検査
Minnesota多面人格検査〈MMPI〉
ウィスコンシンカードソーティングテスト〈WCST〉
簡易精神症状評価尺度[Brief Psychiatric Rating Scale〈BPRS〉]

解答: e

104B41の解説

若年女性に被害妄想、幻聴、自閉、昼夜逆転、興奮がみられている。統合失調症が考えやすい。
a 不安症の検査である。
b 小児に行う知能検査である。
c 人格検査である。
d 前頭葉の検査である。統合失調症患者でも使用されることがあるが、本患者では遂行機能障害など前頭葉障害を思わせる記載がないため不適。
e 正しい。簡易精神症状評価尺度により統合失調症の精神状態を評価できる。

正答率:82%

テーマ:統合失調症

フォーラムへ投稿

関連トピック