103I73

43歳の男性。めまいのため搬入された。6日前から微熱がありのどが痛く、風邪だと思ったが放置していた。今朝、目が覚めたら天井が回る感じがして、立ち上がると倒れそうになった。寝ていてもめまいが強く、吐き気があり、動けない状態になった。意識は清明。体温36.8℃。脈拍76/分、整。血圧140/84mmHg。難聴はなく、眼振を認める。眼球運動に異常を認めない。頭部単純CTで異常を認めない。
この患者で見られる眼振はどれか。

解答: b

103I73の解説

図は眼振図である。6日前の先行感染を伴うめまいであり、難聴がない。寝ていても改善がみられないので前庭神経炎が最も疑わしい。
a 右方視の回旋性眼振。良性発作性頭位眩暈症〈BPPV〉を考える。
b 正しい。眼位に依存しない、水平性眼振。前庭神経炎でみられる所見である。
c〜e 垂直方向の眼振がみられており、脳幹などの中枢性障害が疑われる。

テーマ:前庭神経炎

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし