103I72

2歳の男児。白血球増多と血小板減少の精査のため入院した。4日前から38 ℃以上の発熱と下痢のため近医で治療を受けていた。症状は改善傾向にあった。意識は清明で活気がある。身長83 cm、体重11.8 kg。体温37.2 ℃。脈拍124/分、整。血圧100/56 mmHg。頸部に径1 cmのリンパ節を数個触知する。心音と呼吸音とに異常を認めない。右肋骨弓下に肝を4 cm、左肋骨弓下に脾を3 cm触知する。血液所見:赤血球443万、Hb 11.6 g/dL、Ht 34 %、白血球21,300、血小板9.6万。血液生化学所見:総蛋白5.8 g/dL、アルブミン3.2 g/dL、尿素窒素3.0 mg/dL、クレアチニン0.2 mg/dL、尿酸4.1 mg/dL、総ビリルビン0.4 mg/dL、AST 423 IU/L、ALT 586 IU/L、LD 1,059 IU/L(基準260~530)。CRP 0.9 mg/dL。末梢血塗抹May-Giemsa染色標本を別に示す。
病原体として考えられるのはどれか。2つ選べ
EBウイルス
アデノウイルス
エコーウイルス
サイトメガロウイルス
インフルエンザウイルス

解答: a,d

103I72の解説


テーマ:伝染性単核球症

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし