102D46

54歳の男性。倦怠感を主訴に来院した。2年前から冬季になると体調不良を自覚していた。今年の冬は1か月前から今までになく倦怠感が強くなった。同時期から、時々指尖が冷たく、痛くなった。生来健康で喫煙歴はない。意識は清明。体温37.3℃。脈拍96/分、整。血圧114/58mmHg。皮膚に発疹はない。心音と呼吸音とに異常を認めない。左肋骨弓下に脾の先端を触れる。尿潜血1+。血液所見:赤血球252万、Hb 7.9g/dL、Ht 24%、網赤血球4.8%、白血球6,700、血小板34万。血液生化学所見:総蛋白8.0g/dL、アルブミン4.7g/dL、尿素窒素14.0mg/dL、クレアチニン1.0mg/dL、尿酸7.2mg/dL、総コレステロール220mg/dL、トリグリセリド154mg/dL、総ビリルビン3.2mg/dL、直接ビリルビン0.8mg/dL、AST 35IU/L、ALT 35IU/L、LD 770IU/L(基準176~353)、ALP 220IU/L(基準260以下)、Fe 230μg/dL。免疫学所見:CRP 0.3mg/dL、抗核抗体陰性。末梢血塗抹Wright-Giemsa染色標本を次に示す。
この患者にみられる検査所見はどれか。
(編注:厳密には正答は2つと考えられるが、出題者の意図を考え、最も適切な1つを選ぶこと)
TSH高値
M蛋白陽性
抗dsDNA抗体陽性
赤血球浸透圧抵抗減弱
直接Coombs試験陽性

解答: e

102D46の解説


テーマ:寒冷凝集素症

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし