100A50

10歳の男児。けいれんを主訴に来院した。乳幼児期に発熱時けいれんが10回以上あった。最近しばしば上下肢の攣縮がみられる。朝方、数分間に及ぶ全身けいれんをきたした。う歯が多数みられる。血清生化学所見:Na 146mEq/L、K 3.6mEq/L、Cl 102mEq/L、Ca 6.0mg/dL、P 8.1mg/dL、TSH 0.3μU/mL(基準0.2~4.0)、FT4 2.0ng/dL(基準0.8~2.2)、PTH 6.0pg/mL(基準10~60)。頭部単純CTを次に示す。
治療に用いるのはどれか。
a
抗甲状腺薬
b
カルニチン
c
抗けいれん薬
d
活性型ビタミンD
e
抗アルドステロン薬

解答: d

100A50の解説


テーマ:特発性副甲状腺機能低下症