解決済 111D36 免疫

SLE PRESに対しての治療

この問題の中の「本日から~」のところで、頭痛、めまい及び嘔吐の症状に対して7%重炭酸ナトリウムを静注しているのですが、理由がわかりませんでした。
ご教授いただければ幸いです。

回答2件

  • こち
    こち

    突然のめまいと嘔吐といえばまずBPPVやメニエール病が挙げられます。この場合、エビデンスはないのですが重炭酸ナトリウムが著効するのでしばしば臨床の場で用いられることが多いです(ちなみにちゃんと保険適応で添付文書の効能効果にも記載されています)。それでまず投与されたのだと思います。ただ、本門ではこれが効かないので、CTやMRIにいったのだと思います。

  • 迅速な対応ありがとうございます。
    十分に納得しました。ありがとうございました。

コメントを投稿する

ログインするとコメントを投稿することができます。

  • 問題参照 111D36

    27歳の女性。発熱と顔面の紅斑との精密検査のため4日前から入院中である。3か月前から手指の関節痛を自覚していた。1か月前から顔面の紅斑と37℃台の発熱も出現したため受診した。来院時、意識は清明。体温37.5℃。脈拍84/分、整。血圧106/72mmHg。両側類部に浮腫状の紅斑を認めた。心音と呼吸音とに異常を認めなかった。両側の手関節と肘関節とに圧痛を認めた。尿所見:蛋白(−)、潜血(−)。血液所見:赤血球405万、Hb 11.1g/dL、Ht 34%、白血球2,500(好中球70%、好酸球1%、好塩基球1%、単球4%、リンパ球24%)、血小板15万、PT-INR 1.3(基準0.9〜1.1)、APTT 38.9秒(基準対照32.2)。血液生化学所見:尿素窒素12mg/dL、クレアチニン0.5mg/dL、Na 140mEq/L、K 4.0mEq/L、Cl 108mEq/L。免疫血清学所見:CRP 0.3mg/dL、リウマトイド因子〈RF〉陰性、抗核抗体1,280倍(基準20以下)、抗DNA抗体60IU/mL(基準7以下)、CH50 2U/mL(基準30〜40)、C3 32mg/dL(基準52〜112)、C4 3mg/dL(基準16〜51)。

    本日から頭痛、めまい及び嘔吐が出現し、7%重炭酸ナトリウムを静脈投与されたが改善しない。意識は清明。水平眼振を認める。頭部CT(A)と頭部MRIのFLAIR像(B、C)とを別に示す。脳脊髄液所見に異常を認めない。

    次に行う治療はどれか。

    • a 緊急手術
    • b 抗菌薬投与
    • c 血漿交換療法
    • d 分子標的薬投与
    • e ステロイドパルス療法
  • 関連トピック