受付中 105A51 感染症

肺炎の原因菌の推定

103D2などから、肺炎球菌とクレブシエラは大葉性肺炎が多く、片側になりやすいのに対し、インフルエンザ桿菌は両側性に多いと思っていたのですが、本問の解答はそれに合致しません。本問において、肺炎球菌とインフルエンザ桿菌が正解となった理由や、肺炎の原因菌の考え方について、教えて頂けますと幸いです。

回答0件

コメントを投稿する

ログインするとコメントを投稿することができます。

  • 問題参照 105A51

    56歳の男性。発熱と膿性痰とを主訴に来院した。3日前から38℃台の発熱と膿性痰とを認めている。既往歴と家族歴とに特記すべきことはない。胸部エックス線写真にて右下肺野に浸潤影を認める。喀痰のGram染色で好中球と菌体とを多数認める。
    考えられる起炎菌はどれか。2つ選べ
    • Chlamydophila (Chlamydia) pneumoniae
    • Haemophilus influenzae
    • Klebsiella pneumoniae
    • Mycoplasma pneumoniae
    • Streptococcus pneumoniae
  • 関連トピック

    なし