受付中 114B42 07.循環器

Ⅱ音の亢進について

お世話になっております。
MSでⅠ音の亢進はよく知られておりますが、
ASでⅡ音が亢進しないのは、何故なのでしょうか。

ご回答いただけると幸いです。

回答1件

コメントを投稿する

ログインするとコメントを投稿することができます。

  • 問題参照 114B42

    現 症:意識は清明。身長154cm、体重49kg。体温35.9℃。心拍数80/分、整。血圧100/78mmHg。呼吸数22/分。SpO2 98%(マスク5L/分酸素投与下)。眼瞼結膜は貧血を認めず、眼球結膜に黄染を認めない。頸部リンパ節腫脹および甲状腺腫大を認めない。心音は胸骨右縁第2肋間を最強点とするIII/IVの収縮期駆出性雑音を聴取し、頸部への放散を認める。呼吸音は両側胸部にcoarse cracklesを聴取する。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。両側下腿に軽度の圧痕性浮腫を認める。神経診察で異常を認めない。

    検査所見:尿所見:蛋白(−)、糖(−)、ケトン体(−)、潜血(−)。血液所見:赤血球444万、Hb 13.5g/dL、Ht 41%、白血球6,900(好中球65%、好酸球2%、好塩基球0%、単球4%、リンパ球29%)、血小板22万。血液生化学所見:総ビリルビン0.5mg/dL、AST 21U/L、ALT 18U/L、LD 175U/L(基準120〜245)、ALP 166U/L(基準15〜359)、γ-GT 35U/L(基準8〜50)、CK 121U/L、尿素窒素20mg/dL、クレアチニン0.7mg/dL、血糖103mg/dL、Na 142mEq/L、K 3.9mEq/L、Cl 101mEq/L。脳性ナトリウム利尿ペプチド〈BNP〉2,200pg/mL(基準18.4以下)。心電図(A)及び胸部エックス線写真(B、C)を別に示す。

    この患者でみられる身体所見はどれか。

    • a 遅脈
    • b II音の亢進
    • c Kussmaul呼吸
    • d 腋窩に放散する収縮期心雑音
    • e しゃがんだ時に減弱する心雑音
  • 関連トピック