解決済 102C24 産婦人科

卵巣過剰刺激症候群について

卵巣過剰刺激症候群では循環血漿量が低下しているので、輸液する際は、生理食塩水のような細胞外液製剤でいいのでしょうか?
胸・腹水が認められている時に、Na負荷をしてはいけないという認識が強く、自信がもてません。

回答1件

  • ケースバイケースだと思いますが、循環血漿量が減少していてショックバイタルなら、まずは細胞外液を入れて有効循環血漿量を増やしてバイタルを安定させることが大切です。

コメントを投稿する

ログインするとコメントを投稿することができます。

  • 問題参照 102C24

    28歳の女性。hMG-hCG療法による体外受精・胚移植施行後7日目に、著明な腹部膨満と腹痛とを主訴に来院した。身長160cm、体重56kg。体温36.6℃。脈拍88/分、整。血圧90/48mmHg。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部超音波検査で大量の腹水貯留と長径10cmに達する両側卵巣腫瘤とを認める。尿所見:蛋白(-)、糖(-)。尿量:10ml/時。血液所見:赤血球590万、Hb16.9g/dL、Ht55%、白血球13,000、血小板34万。血液生化学所見:総蛋白5.1g/dL、アルブミン2.7g/dL、尿素窒素23.0mg/dL、クレアチニン1.3mg/dL、Na139mEq/L、K4.8mEq/L、Cl109mEq/L。
    対応として適切なのはどれか。
    • a 輸血
    • b 経過観察
    • c 電解質輸液
    • d 昇圧薬投与
    • e 高浸透圧利尿薬投与
  • 関連トピック

    なし