受付中 108D52 03.血液

赤芽球癆と胸腺腫

お世話になっております。
なぜ、胸腺腫に赤芽球癆が合併するのか教えていただきたいです。
自己免疫反応とは、どういうことなのでしょうか。
骨髄でも、抗体反応で赤芽球が破壊されるのですか?

回答1件

コメントを投稿する

ログインするとコメントを投稿することができます。

  • 問題参照 108D52

    68歳の男性。動悸と易疲労感とを主訴に来院した。身長165cm、体重63kg。体温36.5℃。脈拍92/分、整。血圧122/68mmHg。皮膚は灰褐色で眼瞼結膜は貧血様である。眼球結膜に黄染を認めない。頸部、腋窩および鼠径部の表在リンパ節は触知しない。胸骨左縁第2肋間にII/VIの収縮期雑音を聴取する。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。下肢に浮腫や紫斑を認めない。血液所見:赤血球233万、Hb 7.1g/dL、Ht 20%、網赤血球0%、白血球9,400(桿状核好中球6%、分葉核好中球54%、単球3%、リンパ球37%)、血小板32万。血液生化学所見:総蛋白6.8g/dL、アルブミン3.4g/dL、AST 56U/L、ALT 71U/L、LD 438U/L(基準176~353)、尿素窒素14mg/dL、クレアチニン0.7mg/dL、血糖98mg/dL、Fe 234μg/dL(基準59~161)、不飽和鉄結合能〈UIBC〉67μg/dL(基準163~251)。骨髄は正形成で巨核球を散見する。胸部エックス線写真(A)、胸部CT(B)及び骨髄血塗抹May-Giemsa染色標本(C)を別に示す。
    考えられるのはどれか。2つ選べ
    • a 肺癌
    • b 胸腺腫
    • c 赤芽球癆
    • d 溶血性貧血
    • e 再生不良性貧血
  • 関連トピック