114D45

50歳の男性。右下腹部痛を主訴に転院してきた。船上勤務中、7日前に右下腹部痛と発熱をきたし寄港先の病院を受診した。急性虫垂炎と診断され入院となった。絶食下で末梢静脈からの輸液と抗菌薬の点滴治療を受け、入院3日目には解熱し下腹部痛は軽減した。自宅近くでの治療を希望し当院を紹介され転院となった。意識は清明。身長173cm、体重70kg。体温36.2℃。腹部は平坦、軟で、圧痛を認めない。腸雑音は正常である。血液所見:赤血球486万、Hb 14.8g/dL、Ht 43%、白血球6,400、血小板21万。血液生化学所見:総蛋白6.4g/dL、アルブミン3.2g/dL、総ビリルビン0.7mg/dL、AST 14U/L、ALT 14U/L、尿素窒素19mg/dL、クレアチニン0.8mg/dL。CRP 0.8mg/dL。転院後、排ガスと排便を認めた。

次に行うべきなのはどれか。

経口食開始
虫垂切除術
右半結腸切除術
膿瘍ドレナージ
外科的イレウス解除術

解答: a

114D45の解説

正答率:96%

テーマ:急性虫垂炎術後の対応

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし