114C41

59歳の女性。健康診断で便潜血反応陽性を指摘され来院した。下部消化管内視鏡検査が施行され、上行結腸癌と診断された。CT等の画像検査で明らかな転移はなく、右半結腸切除を行うこととなった。身長156cm、体重48kg。体温36.2℃。脈拍72/分、整。血圧108/60mmHg。呼吸数12/分。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。血液所見:赤血球398万、Hb 12.5g/dL、Ht 39%、白血球4,900、血小板14万。血液生化学所見:総蛋白6.6g/dL、アルブミン3.8g/dL、総ビリルビン0.8mg/dL、AST 16U/L、ALT 18U/L、LD 184U/L(基準120〜245)、ALP 202U/L(基準115〜359)、クレアチニン1.0mg/dL、Na 141mEq/L、K 4.0mEq/L、Cl 101mEq/L。

周術期管理で正しいのはどれか。

術前48時間の絶食
術前3時間までの飲水
術中大量輸液
術後3日間のベッド上安静
術後1週間の絶食

解答: b

114C41の解説

上行結腸癌の診断で右半結腸切除を行う中年女性。周術期の管理が問われている。
a ここまで長時間の絶食は不要。
b 正しい。術前3時間までの飲水は問題ない。
c 術中に輸液をする可能性はあるが、特に脱水所見の記載もない患者に対して「大量」は言い過ぎであろう。
d 術後は早期離床を目指す。3日間安静は長すぎる。
e 術後は早期の経口摂取再開を目指す。1週間の絶食は長すぎる。

正答率:93%

テーマ:周術期の飲水・飲食・安静管理

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし