113D41

52歳の男性。咽頭痛と呼吸困難を主訴に深夜の救急外来を受診した。4時間前から強い嚥下痛のため食事が摂れなくなった。2時間前から呼吸困難を自覚するようになった。体温38.5℃。脈拍96/分、整。血圧150/90mmHg。呼吸数30/分。SpO2 92%(room air)。喉頭内視鏡像を別に示す。

まず行うのはどれか。

気道確保
経鼻胃管挿入
自宅安静の指示
消炎鎮痛薬の投与
内視鏡下切開排膿

解答: a

113D41の解説

正答率:99%

テーマ:急性喉頭蓋炎への対応

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし