113D36

55歳の女性。右膝関節痛を主訴に来院した。5年前関節リウマチを発症し、最近は抗IL-6受容体抗体の投与により、関節リウマチのコントロールは良好であった。数日前から右膝関節痛が生じたため受診した。体温37.0℃。右膝に発赤、腫脹および熱感を認めるが、他の関節には腫脹、圧痛を認めない。血液所見:赤血球380万、Hb 10.1g/dL、Ht 31%、白血球9,800(桿状核球16%、分葉核好中球70%、単球4%、リンパ球10%)、血小板23万。CRP 1.2mg/dL。

初期対応として適切なのはどれか。

関節穿刺
抗菌薬の投与
抗核抗体の測定
関節MRIの撮影
ステロイドパルス療法

解答: a

113D36の解説

正答率:62%

テーマ:関節炎の初期対応

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし