112E32

88歳の男性。疲労感を主訴に来院した。1週間前に上気道炎症状があった。3日前から疲労感が強くなり、昨日から食事を摂ることができなくなった。トイレに起きるのもつらく、オムツをしていた。過去の健診で糖尿病の可能性を指摘されたことがある。現在、服薬はしていない。意識は清明。体温35.7℃。脈拍112/分、整。血圧156/92mmHg。下肢に挫創を認める。

この患者に使用した物で、標準予防策〈standard precautions〉の観点から感染性廃棄物として扱わないのはどれか。

舌圧子を取り出した袋
口腔ケアに用いたブラシ
便が付着したオムツ
下肢の創部にあてたガーゼ
喀痰が付いたティッシュペーパー

解答: a

112E32の解説

臨床問題の形をなしてはいるが、感染性廃棄物の理解を問うた実質的な一般問題。
a 誤り。患者に触れていないものであり、感染性廃棄物ではない。
b〜e すべて患者に付着しており、病原体の存在が疑われ、感染源となりうる。これらは感染性廃棄物として処理すべきだ。

正答率:98%

テーマ:感染性廃棄物として扱うもの・扱わないもの

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし